首页 > 社会+人文, 经济 > 現象~

現象~

中国物価上昇率の低下続く見通し、 食品価格が下がり始める

 【経済ニュース】 2011/10/27(木) 06:28

<中国証券報>中国の消費者物価指数(CPI)についてアナリストの間では、 10月以降は前年同月比上昇率が一段と低下するという見方がある。 食品価格が値下がり始めている上に、 社会需要の伸び鈍化が非食品価格の上昇圧力を軽減させているという。 26日付中国証券報が伝えた。

中国のCPIは7月に前年同月比6.5%上昇して過去最高の上昇率に達した後、 8月と9月は2カ月連続で伸びが鈍化した。 商務部が25日発表した23日までの1週間のの全国の主要農産物価格は2週連続で前週比で下落。 国家統計局が24日に発表した国内主要50都市の10月上、 中旬の主要食品価格も下落する品目が目立った。

9月のCPIは前年同月比6.1%の上昇率だった。 そのうち食品価格の上昇寄与度が約60%に達した。 食品価格が10月下旬も下落を続ければ、 同月のCPIの前年同月比上昇率は6%を下回ると予想するアナリストもいる。 同アナリストによれば、 11月と12月はキャリーオーバー効果がさらに低下するとみられ、 新たな物価上昇要因が表れなければ、 CPI上昇率は低下が続くと予想される。 (編集担当:浅野和孝)

××××××××××××××××××××

想穩定局勢、穩定樓市、穩定股市。。。就要先穩定糧食和菜市!

與米國簽訂的進口大米的一系列可操作性協議、玉米的巨量進口、嚴控流通環節恣意加價。。。

這一連串的組合拳打下來,似乎有一定的收效。

本博的標的物不是神馬狗屁統計局的CPI,而是北方市場的禽蛋零售與菜價!側重點是雞蛋和白菜!

有篇推文《货币政策进入观察期 货币紧缩与否CPI成关键帧 》同意前半句,對後半句保留。或者可以認為zf對CPI的重視,其實是對社會穩定度的重視,在政權更迭的關鍵時刻,在利益紛爭沒有最後落定的時刻,任何一方都不願意見到失控的場面。

因此,餘以為:短期內貨幣政策一定是保守的!這從周小川剛剛的發言也可見端倪。。。

Advertisements
分类:社会+人文, 经济
  1. 还没有评论。
  1. No trackbacks yet.

发表评论

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out / 更改 )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out / 更改 )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out / 更改 )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out / 更改 )

Connecting to %s

%d 博主赞过: